腎臓病のツラさを克服|食の改善で腎臓革命を起こせ

医者

検診でのサポートも大切

女性

早期にがんを発見できるのが乳がん検診の魅力であり、検診の結果、安心できる内容でも定期的な受診を医療機関では提案しています。さらに、検診の結果次第では、その後のサポートやフォローまでが治療を進める本人に対して重要となるため、支援へ向けた取り組みもスタートしています。

» 詳細を読む

腎臓の病気の種類と治療法

男性

腎臓に起こる様々な病状

腎臓に起こる様々な病状を総称して腎臓病と呼びます。腎臓病に分類されるのが急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、急性腎不全、慢性腎不全といった病状です。急性腎炎とは、腎臓の糸球体内に炎症が急性的に起こっている状態です。慢性腎炎とは急性腎炎発症後、一年以上タンパク尿、血尿、高血圧と言った症状が改善せずに現れ続けている状態です。ネフローゼ症候群とはタンパク尿や低タンパク血症、目立つ浮腫などが現れている状態であり、一つの疾患ではありません。糖尿病性腎症とは糖尿病の合併症であり、腎機能を低下させ続け、やがて腎不全にまで至る疾患です。急性腎不全とは何らかの原因で腎臓の機能が急性的に低下し、排泄不全となる状態を言います。慢性腎不全とは糖尿病性腎症や他様々な腎臓の疾患が原因で、徐々に腎機能が障害されていく状態です。

腎臓の病気の予防と治療法

腎臓病の予防として、長時間の残業や過酷な夜勤業務はできる限り控えましょう。また寒い場所での長時間の勤務も腎臓病の発症リスクが高まるとされています。腎臓病の治療は安静、薬物療法、食事療法、保温の維持が基本となります。特に食事療法が最重要とされています。慢性腎炎や慢性腎不全となった場合でも、食事療法を適切に行うことで普段と変わらない生活を送ることが出来ます。また腎臓病が悪化し、人工透析になったとしても食事療法は必ず継続しなければいけません。腎臓病の食事療法とは、まずは日頃の食事の塩分の制限です。またタンパク質の摂取も控えた方がよく、逆にエネルギーを積極的に摂るようにしないといけません。1日どれだけ塩分、タンパク質を摂って良いのか、エネルギーはどれほど摂取した方が良いのかは腎臓病の症状によって異なります。医師や管理栄養士の指示を厳守することが重要です。

免疫細胞治療の仕組み

病院

樹状細胞療法は患者の血液から単球を取り出して樹状細胞に分化させ、がん細胞の情報を与えて体内へ戻すことで、効率的にがん細胞を攻撃させる治療法です。先進医療に含まれますが、保険は利かないので注意してください。

» 詳細を読む

あきらめるのはまだ早い

花

日本で多く見られるている病気にはがんがあり、そのための治療法は今たくさんがあります。その中でも話題なのがNK細胞療法です。このNK細胞療法では患者にかかる負担が少なく早い段階で腫瘍を発見することが出来ます。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 腎臓病のツラさを克服|食の改善で腎臓革命を起こせ All Rights Reserved.