腎臓病のツラさを克服|食の改善で腎臓革命を起こせ

医者

あきらめるのはまだ早い

花

がんの治療法

がんの治療法として、今でも外科手術が最も多く実施されています。これは、がんが見つかった臓器の一部または全部、そしてその周囲にあるリンパ節を摘出するもので、今までに多くの成果を上げてはいるものの、患者には大きな負担がかかるのも事実です。また、これと併せて抗がん剤を用いた化学療法や放射線療法が行われることがありますが、どちらも副作用が危惧されます。これらのがんの治療法は、あくまでもがんの組織が目に見える大きさになった時に行われるもので、転移したばかりの小さながんでは見つけることができませんから、当然実施することはできません。また、脳のように大きなリスクを伴う場所では、見つけることができても手術を実施することができない場合があります。しかし、このような場合でもあきらめるのはまだ早いと言えます。なぜならば、NK細胞療法があるからです。

完治できる可能性がある

NK細胞療法は、免疫細胞の一種であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)を利用したがんの治療法です。NK細胞は、体内を隅々までパトロールし、いち早くがん細胞を見つけ出し、処理する能力を持っているのです。NK細胞療法の流れは、NK細胞をがん患者から取り出して、培養して数を増やし、がん細胞に対する活性を高めた上で再びがん患者の体内に戻すのです。患者自らのNK細胞を利用するわけですから、NK細胞療法には副作用はありません。そしてNK細胞が、転移したばかりの小さながん組織を見つけ出し駆除することが期待できますから、進行してしまったがんでも完治できる可能性があるのです。NK細胞療法を実施している医療機関は限られていますが、インターネットで簡単に探すことができます。

Copyright© 2016 腎臓病のツラさを克服|食の改善で腎臓革命を起こせ All Rights Reserved.