腎臓病のツラさを克服|食の改善で腎臓革命を起こせ

医者

免疫細胞治療の仕組み

病院

がん細胞の情報を与える

免疫細胞治療は自分自身の免疫力を高め、がん細胞を抑制しようとするもので、がんの新しい治療法として注目を集めています。これには幾つかの種類がありますが、樹状細胞療法は免疫細胞にがんの情報を与えることで、効果的にがん細胞を攻撃させることが目的です。樹状細胞療法は先進医療に分類されていますが、健康保険は適用されず、費用は全額自己負担になるので注意が必要です。標準的な治療で1回あたり150万円ほどかかると言われています。また必ず効果があると証明された治療法ではありません。効果には個人差があり、長い時間がかかる可能性もあるので、信頼できる医師と十分な相談の上で、将来を見据えた治療を受けることが大切です。

単球を培養し分化させる

樹状細胞は人間の消化管などに存在する細胞で、キラーT細胞と呼ばれる免疫細胞に攻撃目標を提示する働きがあります。樹状細胞療法では、まず血液中の単球を採取し、これを培養して樹状細胞に分化させます。そして培養した樹状細胞に、がん細胞の情報を取り込ませてから、体内に戻します。体に戻った樹状細胞はキラーT細胞に命令して、がん細胞だけを効率的に攻撃させるという仕組みです。抗がん剤や放射線でもがん細胞を攻撃できますが、これらは健康な細胞まで破壊してしまう恐れがあります。樹状細胞療法は攻撃目標を絞ることができるため、体に無用なダメージを与えず、副作用を最小限に抑えられます。手術などと併用することも可能な治療法です。

Copyright© 2016 腎臓病のツラさを克服|食の改善で腎臓革命を起こせ All Rights Reserved.