腎臓病のツラさを克服|食の改善で腎臓革命を起こせ

医者

検診でのサポートも大切

女性

細胞の成長や時期を確認

乳がん検診を受けずに、万が一、がんが進行すれば、辛い症状に見舞われたり、治癒率も減ってしまう可能性は否定できず、早期発見が大切です。乳がんでは、1つのがん細胞が1cmになるには15年以上かかるものの、その後は早い段階で進行していくために、セルフチェックも検診同様、発見には大切になってきます。こうした点に関しては、乳がん検診や正しいチェックの有効性が証明されており、これまでは不治の病と言われてきたものの、早期がんでは完治の可能性は高まっています。1cm以下のがんは診断が難しいと言われ、早期の乳がんは2cm以下を指すために、がん細胞の成長と時間などを考えて早期発見するには、定期的な検診を受ける必要がある点に気をつけ、検診記録をつけておくことも求められています。

検診のその後をサポート

乳がん検診を受けてもらうため、医療機関においては気軽に受診できる提供に努めてきたものの、乳がん検診の結果までを視野に入れたサポートやフォローにまでその動きを広げています。気軽さを謳い文句にする内容では、万が一、検診結果でがんと分かってしまった場合、心構えなしで受け入れられない女性も少なくはないため、気軽さが仇とならない携わり方が重要視されています。各医療機関や相談支援施設においても、共に考え、共に歩き出すなど、課題解決へ向けたサポート体制を強化しています。さらに、専門の看護師やスタッフからは、本人が得た情報が本当なのか嘘なのか、情報に左右されやすい感情までもサポートし、分かりやすく解説して整理できる、同性同士の携わり方も展開していく流れです。

Copyright© 2016 腎臓病のツラさを克服|食の改善で腎臓革命を起こせ All Rights Reserved.